パチンコで借金まで作ってしまって、どうしてもパチンコ依存の生活をやめたい

パチンコで借金まで作ってしまって、どうしてもパチンコ依存の生活をやめたい

パチンコはいわば麻薬のようなもので中毒性があります。
私もかつてパチンコにはまっていた時期があり、勝つこともありましたが、ほぼ負けていたことが多く借金を作ってしまいました。
止めたいけれど今までの負けを考えると止める事が出来ないという状態でした。

 

最初は友人から聞いた日記を取る方法を試してみました。
一日に幾ら使って幾ら勝ったのか、または負けたかを記録として残しておく事でトータルでの金額を一目で把握する事が出来るようになります。

 

パチンコに限らずギャンブル全般にいえる事ですが、勝った時の記憶は鮮明に残る反面、負けた時の記憶は記憶から薄れていきます。
誰しもが負けた時の事を早く忘れたいと思うでしょうから当然といえるでしょう。

 

パチンコ屋に行く度に日記を付けるよう癖を付ける事で、その列の出ている台や出そうな台なども自然と見えてきます。
負けた時の情報がとても大切なのです。

 

 

私もパチンコを止める一年ほど前から日記をつけ始めたのですが、パチンコを止めるどころか逆に勝つ事が増えました。
これでまたさらにはまってしまい、パチンコ依存症への道をどんどん歩んでしまい、また負け込んで、ついにはお金を借りてでもパチンコをするようになりました。

 

彼女ができて、結婚を考えるようになり、パチンコがやめたいという気持ちも強くなり、パチンコ依存の生活から抜け出す決心をしました。
それから本や雑誌などを買いあさり、ネットでもいろいろ探している時にパチンコ依存症ブログラムを見つけました。
このプログラムで何とかから抜け出すことができました。

 

結婚を機に、パチンコ以外のギャンブルからも一切足を洗いましたが、今もパチンコ屋の前を通ると少しやりたい気持ちも出てきます。
借金をしてまでパチンコをしても精神的に圧迫されるだけになので、パチンコを止めたいと思っている人は、プログラムを試してみるのも良いかもしれません。

 

>>やめたいのに止められないは試してみて